土地があるのなら賃貸経営、始めませんか?

割と参入障壁が低い賃貸経営

賃貸経営をする会社員が増えています。景気の良かった頃は、会社員でも稼いだお金を銀行や郵便局に預けておくだけで利子がつき、それはそれで立派な投資になったのですが、不況になってからというもの利子はほとんどつかず、ただ預けているだけでは投資とは言えなくなりました。そこで、投資として賃貸経営をするサラリーマンや主婦が増えてきているのです。賃貸経営は意外と参入障壁が低いため土地と初期費用があれば誰でも始めることが出来ます。 賃貸経営をする場合には、マンションやアパートを建てるのが一般的です。どちらにするかはその土地の広さにもよりますが、まとまったお金を用意できるのであればどちらの選択も可能になります。ただ、まとまったお金を用意できないのであればアパートの一択になります。

賃貸経営の注意点とは

賃貸経営は土地と初期にかかるお金を用意できればとりあえず始めることが出来るという意味でサラリーマンでも主婦でもすることはできます。最初はローンでやりくりが大変ですが、ある程度年数が経過すると支払よりも収入のほうが増加し、それほど動かなくても勝手にお金が入って来る仕組みを作ることが出来るのです。そういう意味ではとても魅力的な資産運用の方法と言えます。少なくとも空き地にしておき、毎年たくさんの固定資産税を納めなくてはならないのなら、建物を建てて人に貸したほうがはるかに利口です。 ただ、その一方でリスクがあることも十分知っておく必要があります。賃貸物件は新しい物件のうちは満室になりやすいですが、時間の経過とともに人気がなくなるので、いかに魅力ある物件であり続けるかを模索することも大事なのです。