賃貸で相続税対策できるって本当ですか?

賃貸利用で土地の評価額が下がる?

相続税は、不動産や預貯金など全ての故人の財産から算出されます。不動産の場合には、土地や建物の価値を評価し、評価額によって相続税額が決定します。同じ価値のある不動産でも、利用状態によって評価額が大きく異なるため、賃貸経営は節税対策に有効とされています。 具体的には、自用地としての評価額を1とした場合、借地権割合や借家権割合、賃貸割合分を差し引いて評価額を計算します。土地に賃貸住宅を建築すると、賃貸住宅として利用する部分の面積や割合に応じて、その土地の評価額が小さくなるため、土地にかかる相続税額が軽減されるという仕組みです。また、賃貸住宅の建築費を、現金や預貯金として持っているよりも、建物にした方が節税できます。

相続税アップに備えて

遺産の中でも課税の対象とならない部分、基礎控除部分の算出方法が変更され、税率も引き上げられるなど、相続税にも増税の動きがあります。そんな中、一般の方も取り入れやすく、大幅な節税効果を得られる方法が、賃貸住宅の建築と言われています。手元にある資金で建築費用を用意できる場合でも、ローンを契約し、家賃収入で返済していく場合でも、同様の節税効果が期待できます。 一般の方向けの、賃貸住宅建築・経営ノウハウを提供するサービスも、大手ハウスメーカーや不動産業者などによって提供されています。公式サイトでは、相続や経営全般について詳しく紹介しており、個別の相談にも対応してくれるので、興味のある方は一度相談してみてください。