5分でわかる賃貸経営のコツ

良い利用者に優先的に貸そう

賃貸経営にあたっては、賃貸物件という限られた資産をどのように利用していくかが、経営に成功するか失敗してしまうかの重要な分かれ道となってしまいます。まず心がけなければならない事は、賃借は良い貸主と良い借主の二者が存在して初めて成功するものであるという事です。借主が居住ルールを守らず、毎晩のように騒音を発生させるなど、他の住人にとって迷惑となってしまう状況であれば、以降の居住をお断りするなどの策も重要になります。 このような騒音などの事態を放置しておくと、他の居住者が出て行ってしまい空室となってしまう可能性が大きくなりますので、家賃収入を得るチャンスを逃してしまう事にもつながりかねません。こうした事態にならないために、騒音を発生させている家がある等のクレームを受けたらすぐに対処することが大切です。

持っている物件の価値を上げる事の大切さ

物件の価値は、需要と供給の関係で決まる部分が大きいですが、必ずしもそれだけではありません。同じ部屋であっても、フローリングを張り替えたり、キッチンの性能を上げてみたり、トイレの質を上げてみたりする事によって部屋の価値は格段に上がります。今までは安い値段でしか買い手が付かなかった物件も、工夫次第で高い値段で貸し出すことが可能となる場合が多いです。 地域の特性に合わせて部屋を改装する事も重要で、高齢者が多く居住している地域の物件を所持している場合には、部屋をバリアフリー構造にする事は非常に反響があります。床面の段差を解消してみたり、車椅子でも動きやすいバス・トイレ作りを行う事によって物件に付加価値が生まれ、より良い条件での家賃提案が可能となります。